トラブルが後をたたない
外壁・屋根工事の現状

LINE画面

国土交通省の所管する公益財団法人「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」の発表よると、相談内容の、実に4割以上が“外壁・屋根に関するトラブル”ということがわかっています。
残念ながら心ない塗装業者によるトラブルも多く、「どの業者なら安心して依頼できるかわからない」という消費者の声は高まる一方です。
そんな中、良い業者を見極め、住宅塗装リフォームを成功させるためには、どうすればよいのでしょうか?

どうしてそんなにトラブルが起こるの??

理由1

工事完了後スグには、手抜き工事を見抜けない。

工事完了後スグには、手抜き工事を見抜けない。

たとえば塗装時、塗布量(使用する塗料の量)が塗料メーカーの規定より少なかったとします。
しかし、完工後スグは美しく仕上がっているようにしか見えないのです。
そして問題が発生するのは、時間が経ってから。
塗布量の足りていない場所は、本来の耐久性を発揮することはできず、工事後しばらくしてから劣化がはじまります。
この時間差こそが、塗装工事の恐ろしさでもあります。
そして、このスグには見抜けない手抜き工事は、塗装時だけでなく、洗浄や下地処理など、さまざまな工程で起こり得るのです。

理由2

知識がないと、見積書に隠されたカラクリに気づけない。

知識がないと、見積書に隠されたカラクリに気づけない。

見積書を手にしたとき、どこを確認しますか?多くの方が、まず価格を見るのではないでしょうか。
それでは、その次は、いかがでしょう。
ここで「何が書いてあるのかわからない」と業者任せにしてしまったことで、『追加工事・追加請求が発生した』『塗装すると思っていた箇所を塗ってくれなかった』などのトラブルが生まれてしまうことがあります。
見積書には、塗装面積や使用する塗料の量など、確認しなければならない重要なことが書かれています。
しかし、消費者に知識がないのをいいことに、曖昧な見積書を提出し、ずさんな工事をする業者も少なからず存在しているのです。

理由3

“安さ”の理由を知らずに塗装業者を選んでしまう。

“安さ”の理由を知らずに塗装業者を選んでしまう。

安い買い物ではない塗装工事。何社かの見積書を比べる際にも、ついつい価格にばかり目がいきがちです。
その安さが企業努力の賜物であるならばいいのですが、そうではないことも少なくありません。
できるだけコストを下げようと、違法行為の簡易足場を利用したり、他の現場で余った塗料を使いまわしたり、下請け業者に安値で発注したりと、その安さには様々なトリックが潜んでいる可能性もあるのです。

このようなトラブルを未然に防ぐためには

業者選びのポイント”や
塗り替え工事の知識”を
知っておくことが重要です!

そこで、オススメしたいのが
外壁塗装の教科書

塗装工事で失敗しない為の情報が満載!

外壁塗装の教科書

  • 見積書で必ずチェックしなければならないポイント
  • ここだけは外せない契約書に記載する事項
  • 工事品質の良し悪しはここに現れる
  • 工事に不備があった際にきちんと対応してもらうためには?

推薦者の声

推薦者
(一社)住宅保全推進協会 代表理事
(一社)市民講座運営委員会 理事
吉田 憲司

私ども一般社団法人市民講座運営委員会では消費者の住宅に関する知識の向上、情報提供を目的とする講座の実施、消費者が安心してリフォーム工事などを行なうことができるよう、住宅の診断、点検、調査の普及、推進、人材育成に関する活動を行なって参りました。
そういった活動の中で、ご相談を多くいただく住宅リフォーム工事で失敗しないための重要な内容をまとめたのがこの冊子です。
住宅塗装を検討されている方はまず見積もりを貰う前に是非、こちらの本を手にとっていただいて参考にしていただければ幸いです。